Alibaba Cloud CLI で ID確認

こんにちは。
ネクストスケープの開發@mamikaihatsu)です。

実際に Alibaba Cloud CLI でプロダクトを作成する時のパラメータ設定で
様々なIDの指定が求められます。
先に調べておいて、サクッと作成したいですよね。

そこで、今回は ECS を作成する際に必要となる以下のIDの確認コマンドを記載します。

  • RegionId
  • ZoneId
  • ImageName
  • InstanceType

  • ECSが利用可能なリージョンの確認

    $ aliyun ecs DescribeRegions --output cols=LocalName,RegionId

    東京リージョンは
    ap-northeast-1
    になります。


    ECSが利用可能なゾーンの確認

    $ aliyun ecs DescribeZones --RegionId ap-northeast-1 --output cols=ZoneId

    東京リージョンのゾーンは
    ap-northeast-1a
    ap-northeast-1b
    になります。
    ※先日、東京リージョンにゾーンが1つ増設されました!


    ECSのイメージの確認

    アップデートのバージョンでID名が変更される可能性もあるので、作成時には常に確認した方が良いです。

    ■WindowsOS

    $ aliyun ecs DescribeImages --OSType windows --output cols=OSName,ImageId

    ■LinuxOS

    $ aliyun ecs DescribeImages --OSType linux --output cols=OSName,ImageId


    ECSのインスタンスタイプの確認

    $ aliyun ecs DescribeInstanceTypes --output cols=InstanceFamilyLevel,InstanceTypeFamily,CpuCoreCount,MemorySize,InstanceTypeId


    最後に

    IDが分からない時、基本的には「aliyun help <プロダクト名>」でどんなApiNameがあるのか確認し、「Describe」から始まるコマンドで大体は調べることが可能です。
    今回はECSで絞り込みましたが、他のプロダクトで困った場合は試してみてください。

    Tags:,