DataVでグラフィカルなダッシュボードを作ろう #3 ポイントヒートレイヤー編

こんちには。クラウドソリューションアーキテクトの安齋です。

DataV でグラフィカルなダッシュボードを作ろう第3弾です!

第2弾

完成図

今回のお題

気象庁で公開されている日平均湿度を完成図右下のポイントヒートレイヤーで描画してみます。

1. 基本平面マップを複製

調節したサイズや中心点をそのまま使えるため、第1弾で作成した基本平面マップを複製します。

アイソサーフェスレイヤーは削除します。

2. ポイントヒートレイヤーを作成

2-1. 設定の編集

2-1-1. 基本設定

2-1-2. リボン

2-2. データの取り込み


日平均湿度と気象観測台のある地点の緯度経度をマッピングさせ、JSON形式にして貼ります。

3. 水位図の作成

凡例をつけます。

3-1. 水位図の複製

3-2. 設定の編集

湿度20~40%、40~60%、60~80%、80%~100%の凡例ごとに図の位置や色を設定します。

湿度20~40%
湿度40~60%
湿度60~80%
湿度80~100%

3-3. データの取り込み

湿度20~40%、40~60%、60~80%、80%~100%の凡例ごとに割合を設定します。

湿度20~40%
湿度40~60%
湿度60~80%
湿度80~100%

4. できあがり

Tags: